-->

茨城西南医療センター病院
リハビリテーション部について

理念

当リハビリテーション部は急性期を中心に、回復期・維持期まで総合的に対応できるリハビリテーション部として、各専門職が常に連絡を取り合い、綿密な計画に基づいたチームアプローチを実践し、質の高いリハビリテーションの提供も目指します。

方針

病院での医学的リハビリテーションとして、急性期を中心とした早期からのアプローチを実施することで、短期間に心身の機能や能力を改善するよう努力し在宅復帰を目指し、在宅復帰が可能な場合は、できるだけ早期に自立生活が実現できるよう外来リハビリテーション、社会福祉サービス等の導入を提案し、退院後の支援体制を構築していきます。


ご挨拶

皆さま、こんにちは。リハビリテーション技師部長(理学療法士)の沼尻です。
 当リハビリテーション部では、急性期を中心とした入院早期からのアプローチ*を実施することで、短期間に心身の機能や能力を改善できるよう努力し在宅復帰を目指しております。また、入院期間中に、病院からの在宅復帰が困難と判断された場合、患者様ご本人とご家族にとって最も利益のある方法(近隣の回復期リハビリテーション病院やより積極的にリハビリテーションを行って頂ける病院への転院計画、入所系サービスの利用等)を提案させて頂いております。在宅復帰が可能な場合は、できるだけ早期に自立生活が実現できるよう外来リハビリテーション、社会福祉サービス等の導入を提案し、退院後、リハビリテーション関連施設との連携のうえ、地域での継ぎ目のない支援体制を構築できるよう心掛けております。
 当リハビリテーション部のモットーは、「チームアプローチ」を実践することです。皆さまのご要望にお応えできるよう「みんなが考動」⇒(自ら考え、みんなが考え、行動できる部署になろう!)をスローガンに掲げ、個々のスキルと組織力アップにも力を注いでいます。
 今後ともよろしくお願いいたします。
*ここでのアプローチとは、医師、看護師の対応から、理学療法、作業療法、言語聴覚療法、相談業務等、全てのリハビリテーションアプローチを指します


地域リハビリテーション広域支援センター

茨城県では、県立医療大学付属病院を中心として、県内の医療機関等を広域支援センターや地域リハ・ステーション、小児リハ・ステーション等に指定し、小児から高齢者まで、より身近な地域で適切なリハビリテーションサービスを受けることができるよう、リハビリテーションのネットワークづくりを推進しています。

当院は地域リハビリテーション広域支援センターに指定され、圏域内の保健、医療、福祉等の関係者による連絡協議会等を開催し、連携の促進を行っています。また、地域リハ・ステーションとして、リハビリ患者の転院・在宅復帰支援や訪問リハビリの実施、市町村事業に係る支援及び地域の関係機関への指導等を行っています。

小児リハ・ステーション

当院リハビリテーション部は小児リハ・ステーションとして以下の小児リハ支援事業を行っています。

  • 保育者向け発達障害に関する勉強会
  • 古河市子育て支援センター発達相談会
  • 小児リハビリ研修会
  • 古河坂東医療圏小児リハビリテーションネットワーク会議
  • ケース会議(古河市・坂東市)
  • 保育園・幼稚園・学校訪問
  • 小児リハビリ交流会




スタッフ数

  • PT 27名
  • OT 14名
  • ST 6名

リハビリテーション部について

About

リハビリテーション部について

More Info

教育体制について

Education

教育体制について

More Info

求人情報

Employment

求人情報

More Info

お問い合せ

Contact

お問い合せ

More Info


最終更新日:17/05/09
茨城西南医療センター病院
診療部
看護部
せいなんレポート