診療科案内

当院の診療科を紹介します。

外科


当院は茨城県西南地域の基幹病院として県内を問わず近隣の埼玉県、千葉県、栃木県、群馬県など多くの患者さんに対して良質な医療を提供すべく努力しています。外科グループは、がん診療拠点病院として悪性疾患に対しては特に力を入れており、ガイドラインに沿って標準的な治療を行うとともに内視鏡手術など先進医療を取り入れ患者さんの希望に沿った医療を行っています。また救命救急センターとして救急患者さんを24時間受け入れており、虫垂炎・腸閉塞(イレウス)・消化管穿孔のみならず、胸部・腹部外傷を含む重度の多発外傷などにも他科と連携し緊急手術に対応しています。

  1. 上部消化管(食道・胃・小腸)
    内視鏡検査にて食道がん、胃がんの早期発見に努めています。食道がんは消化器内科、放射線科と連携して外科治療、化学療法(抗がん剤)、放射線治療などを行います。胃がんに対しては患者さんの希望に沿って低侵襲である腹腔鏡手術を取り入れています。また救急疾患である胃・十二指腸潰瘍の出血、穿孔、腸閉塞などに対する緊急内視鏡、緊急手術も行っています。

  2. 下部消化管(結腸・直腸・肛門)
    内視鏡検査にて大腸がんの早期発見に努め、ポリープに対しては内視鏡治療を行います。大腸がん(結腸・直腸)に対しては開腹手術だけでなく腹腔鏡下大腸切除術も積極的に取り入れています。大腸がんに対する外来化学療法も行います。虫垂炎や大腸穿孔などの救急疾患に対する緊急手術にも対応しています。肛門疾患では痔核や痔ろうに対する手術治療を行っており、内痔核(いぼ痔)に対しては注射で治療する硬化療法(ジオン注射療法)を患者さんの希望に沿って行います。

  3. 肝臓・胆道・膵臓)
    原発性肝がん、転移性肝がん、胆管がん、胆嚢がん、膵がんなどの悪性疾患は治療法も多岐にわたり手術も複雑になりますが、消化器内科、放射線科と連携して高難度手術を含め最善の治療にあたります。胆石症に対しては腹腔鏡下胆嚢摘出術を標準手術としています。

  4. ヘルニア
    鼠径ヘルニアに対して痛みと再発の少ないメッシュを使った根治術を行っています(2泊3日の入院)。

受付時間

午前:07:00〜11:00 ※診療開始は9時からとなります
午後:予約患者さんのみ
※土曜日の診療は第1、第3のみとなります

診療表

呼吸器外科
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前
吉田 ※〇
後藤 ※〇
※吉田医師、後藤医師の診察は第1・3・5週となります

消化器外科
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前
福澤
小川
小松崎
担当医

乳腺外科
午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前 午後 午前
後藤 ※予約
市岡 予約
※後藤医師の診察は第1・3・5週となります

NCD(National Clinical Database)への参加について

当院はNCD参加施設として、当科で行われている検査、治療の契機となった診断、手術等といった情報をNCDに登録します。これらのデータは厳重に管理されると共に、医療の現状を把握し、医療の質改善に向けた検討を行うために使用いたします。この事業への参加は、患者さんの自由な意思に基づくものであり、参加されたくない場合にはデータ登録を拒否して頂くことができますので、その場合には診療の際にお申し出下さい。なお、登録を拒否されたことで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ありません。
詳細につきましては、以下のサイト、資料を参照下さい。

一般社団法人National Clinical Database
患者さん向け資料

肺癌登録合同委員会 第7次事業:2010年肺癌手術症例の全国登録調査について

肺癌登録合同委員会は、日本肺癌学会、日本呼吸器学会、日本呼吸器外科学会、日本呼吸器内視鏡学会の4学会が合同で運営されています。
肺癌登録合同委員会は、本年、第7次事業として2010年の原発性肺癌外科治療症例の後ろ向き登録を開始することになりました。詳細につきましては、以下の資料を参照下さい。

患者さん向け資料